会社で理不尽な扱いを受けた人の転職・再就職|会社が怖い人の転職・再就職

会社で理不尽な扱いを受けた人の転職・再就職

 

会社では、普通の人が理不尽と感じる事が普通に起こる場所です。しかしその理不尽にも限度というものがあり、時にそれが社員を苦しめ、退職へと追い込むことも少なくないでしょう。退職した人は心を病み、会社での仕事が怖くなってしまいます。そんな辛い経験をした人の転職・再就職はどうすれば良いのでしょうか?それを解説しています。

会社で理不尽と思われる行為をピックアップ

パワハラ(パワーハラスメント)

会社の中で一番理不尽と感じる事が多いのがこのパワハラ。パワハラには3つの定義があり、様々な種類がありるのが特徴です

 

これらの行為が横行している会社は、人の出入りも激しく、長く勤めている人は少ないはず。さらにちゃんとした人材育成が出来ていないため、人格的に問題のある人間が、長く勤めているというだけで、課長や部長の席に座っている事が多いのが特徴です。

パワハラ・セクハラの相談窓口がある会社を選ぶ!

まず、次の会社を選ぶ基準として、例えばコンプライアンス部門、パワハラ・セクハラ相談窓口など、会社によって呼び方は様々ですが、パワハラ・セクハラによる相談窓口が設けてある会社であれば、ある程度の安心感は得られるはずです。

 

現在まともな企業でれば人材の流出に対しリスク管理の一環として、この様な専門の窓口を設けてある事が多く、以前の会社で受けたような理不尽に耐える事なく相談が出来ると思います。

人事部・総務部の管理部門がしっかりしている会社を選ぶ!

まず、理不尽な対応をしてくる上司や同僚がいる場合、それを野放しにするのは会社の人事部・総務部といった管理部門です。もし社内全体に理不尽さが横行している場合、この人事部や総務部と言った、社員を管理する部門が正しく機能していない事が見て取れますので、注意をしておくと良いでしょう。

面接時は面接官を観察してみましょう!

人事部・総務部を注意しろと言われても、そんなこと出来るのか?と思っている人も居るはずですので、少し解説しておきましょう。

 

エントリーから面接に至れば、その会社の人と話をする事があると思いますが、面接官と言えば「人事部」やそれに相当する部署の人間です。その人の言葉づかいや所作などを見るとある程度その会社のレベルが理解できるはずです。

 

例えば、すごく横柄な人が面接官だったとすれば、その程度の会社であると判断できるのです。

 

企業と言うものは、たとえ面接を受けにきた人間に対しても真摯に対応する義務があります。また、変な印象を持たれても、そのことをSNSなどで拡散されるリスクを考えているはずです。その為、外部の人と接触する人間は選ばれた社員なのです。

 

それが横柄な態度だったり、圧迫面接の様な事をしてくる人であれば、その会社のレベルを測るのに十分な要素と言えるでしょう。

【最後に】会社・仕事が怖くなっているアナタヘ

何時まで悩んでいても、答えは出ないと思います。しかし何時までも現状のまま足踏みを続けられない事はあなた一番わかっているはず。

そんな時は、悩み考える事を捨て、行動してみる事も非常に大事と言えるでしょう。一歩踏み出したアナタの足は、今の自分を変えるきっかけになってくれるはずです。

アナタの未来を変える転職サイトはコチラ