離職から時間が経ってしまった場合の再就職|会社が怖い人の転職・再就職

離職から時間が経ってしまった場合の再就職方法

離職後しばらく時間が経ってしまった場合の転職・再就職の方法をご紹介します。現代は会社で酷い目に遭わされ、働く事が怖くなった人が多くいるのが現状です。

 

そんな心に傷を負った人の転職・再就職の手助けが出来ればと思っています。経過した時間は戻りませんが、また時間だけが過ぎてしまいます。自分の未来の為にほんの少し勇気を出してみましょう。

採用担当者は離職期間を気にする!

採用担当者は、離職期間があったとすると、その期間何をしていたのかを気にしています。また面接時には必ず聞かれる項目と覚えておきましょう。

 

例えば、前の会社を退職し、半年から1年職に就く事をしなかったとしましょう。普通の人であれば負い目と感じてしまう事もあると思いますが、その負い目は面接時に悟られないようにしましょう!

 

正当な理由があれば大丈夫!

離職期間も正当な理由があれば、企業側が理解するかしないかは別として、平然としていれば大丈夫です。

 

とにかく大事な事は前向き姿勢!

例えば「ボランティア活動に従事していました」では、非常に前向きな姿勢が受け取れます。しかし「何も考えずボーっとしていました」では、後ろ向き過ぎて採用には至りません。

 

ポイントは一般的に理解できるかどうか!

「少しの間アルバイトをするつもりだったんですが、やりがい・面白さがありアルバイトを続けてしまった。」でもいいですし、一般的に理解できる理由を用意しておくことをオススメします。

離職から時間が経った場合、エントリーは多めに行いましょう!

多めのエントリーは仕方のない事と思いましょう

やはり離職から時間が経ってしまうと、転職・再就職は不利になります。しかし思い立てたタイミングでエントリーを行っていかないと、また時間だけが過ぎていくはずです。少しツライとは思いますが、多めのエントリーを心がけてください!

 

離職期間の理由は前向きな文章で!

エントリーを行う場合、エントリーシートには、ちゃんと離職期間が長くなった理由を分かりやすく記載してください。その理由を受け入れてくれない場合もありますが、それはその会社の方針です。あたって砕けろの気持ちで根気よくエントリーを続けていれば、やがて面接にたどり着けるはずです。

【最後に】会社・仕事が怖くなっているアナタヘ

何時まで悩んでいても、答えは出ないと思います。しかし何時までも現状のまま足踏みを続けられない事はあなた一番わかっているはず。

そんな時は、悩み考える事を捨て、行動してみる事も非常に大事と言えるでしょう。一歩踏み出したアナタの足は、今の自分を変えるきっかけになってくれるはずです。

アナタの未来を変える転職サイトはコチラ