仕事は好きだが会社に不満がある時の解決方法|会社が怖い人の転職・再就職

仕事は好きだが会社に不満がある時の解決方法

今の仕事にはやりがいもあるし情熱をもってやれているという自負がある人でも、どうしても解消できない問題は『仕事は好きだけど会社に不満がある』といった悩ましい問題。これは責任者など、ある程度の地位に就いた人がぶつかる問題と言えるでしょう。果してそんな悩ましい問題はどう解決するのがベストなのでしょうか?詳しく解説しています。

会社の体質を見極めて総合的な判断をしましょう!

答えは簡単!迷わず転職をしましょう!…と、言いたいところですが、まずは今の状況を整理してみる事が重要です。

 

あなたの会社の風通しは?

もちろん、あなたの言っている事が正しい判断だという事が前提ですが、何回も社内ミーティングで意見をしたのに会社側はその意見を聞いてくれなかったりする場合は、社員の意見を汲み取れない風通しの悪い会社と判断ができます。

 

今の会社ではあなたの情熱は伝わらない!

会社組織において、絶対正しいという意見は通らない場合が多いのです。特にトップダウンで、すべて社長の意見しか通らない場合、あなたの意見がどんなに正しい場合でも、絶対に通る事はありません。

 

その場合、残された道は『転職』以外にない!

正直言って転職は最終手段ですが、最も効率の良い方法であることを覚えておくと良いでしょう。もし転職をする場合は、今の会社に籍があるうちに行動を起こすべきです。

 

離職後、転職が上手くいかないと情熱も枯れる!

これは自分の経験からもいえる話なのですが、離職後はとにかくお金を稼ぐことが最優先事項になってしまいます。その為、「お金>情熱」になる危険性があるのです。ですからお金の心配のない在籍中に転職活動を行うのがベストと言えるでしょう。

今の会社にいれば仕事自体も嫌いになる!

仕事とは、常にモチベーションを保ち情熱をもって行うのがベストです。しかし今の会社に居続ける以上、あなたのモチベーションは下がる一方。やがて情熱も枯れ果て、その仕事が嫌いになってからでは取り返しがつきません。

 

今の会社は自分に合わなかったと諦めるのが賢明!

仕事に対する情熱を持て余す事はまさに悲劇と言えるかも知れません。あなたは会社に対する貢献度も高いはずですし、会社としては優秀な人事の流出にもつながる行為です。しかし、世の中どうにもならない場合もあるわけで『この会社は自分に合わなかった』と諦めることも大事なのです。

 

情熱を向ける方向を間違ってはいけない!

ここで決して間違ってはいけないことが1つあります。それは『この会社を俺が変えてやる!』という努力です。非常に聞こえは良いですし、前向きな意見だとは思いますが、それを成し遂げる為には、今の何倍も苦労をしますし、モチベーションも続きません。

 

第一、今まで変わらなかった事が、ある日突然心変わりするなんて事は、まずありえないと思った方が良いでしょう。その情熱は、真っ直ぐ仕事に向けるべき情熱なのです。

【最後に】会社・仕事が怖くなっているアナタヘ

何時まで悩んでいても、答えは出ないと思います。しかし何時までも現状のまま足踏みを続けられない事はあなた一番わかっているはず。

そんな時は、悩み考える事を捨て、行動してみる事も非常に大事と言えるでしょう。一歩踏み出したアナタの足は、今の自分を変えるきっかけになってくれるはずです。

アナタの未来を変える転職サイトはコチラ