無茶ぶりと精神論を持ち出す上司の対処法|会社が怖い人の転職・再就職

無茶ぶりと精神論を持ち出す上司の対処法

日本において精神論は美徳とさせる文化が根強く残っていますが、会社において過剰な無茶ぶりと精神論を持ち出す上司は正直言ってあまり良い上司ではありません。しかし会社に勤めている以上、この無茶ぶりと精神論は従業員を悩ます重大な問題や会社のリスク、さらにはパワハラになりますので、正しい対処法を理解しておきましょう。

会社・仕事における無茶ぶりとは?

会社に勤めていると、上司から無茶ぶりを受けることがあります。しかしその無茶ぶりも、無理をすれば可能なのか、それとも物理的に不可能なのかを見極めが必要になるでしょう。物理的不可能な業務は会社のリスクになる問題であり、さらに言えばパワハラにもなる可能性のある問題です。

 

さらにそれを従業員に丸投げする上司がいる場合は、色々な判断をしなくてはいけません。

そもそも精神論とは何?

おおよそ乗り越えられない物質的な限界も、気持ちの持ち方次第で乗り越えられるという考えの事を指します。しかし精神論は仕事を遂行する人間が心の中に秘めるモノであり、決して上司から強要されるものではありませんし、仕事においてこれ以上無意味な事はないのです。

 

精神論で使われる代表的な言葉

やる気

頑張り

根性

気合

上司から無茶ぶりと精神論が出た場合の考え方

上司からその言葉が出た時は、この人も解決策を持っていない人と考えるのが正しい判断です。クレバーな上司であれば、ちょっと無理をすれば出来る事と絶対不可能な事の判断は出来るはずです。しかし精神論を持ち出す人は、その精査も出来ない人という判断が出来るのです。

上司から無茶ぶりと精神論が出た場合の対処法は?

他の人を交えてミーティングを行う

会社内での無茶ぶりはあなた一人で解決する問題ではありません。その為、周りの人を巻き込みミーティングを行いましょう。また事を大きくすることにより、無茶ぶりをする上司の抑止にも繋がります。

 

さらに上の人に相談する

直属の上司からこの精神論が出た場合は、その人の事は諦めて、もっと上の人に相談をしましょう。会社において遂行できない業務を与える事はパワハラにもあたる為、非常に扱いが難しい問題です。その為さらに上の人に相談する事が一番の解決策になってくれるはずです。

 

しかしこの精神論が社長から出た場合、これは諦めるしかないと思います。

【最後に】会社・仕事が怖くなっているアナタヘ

何時まで悩んでいても、答えは出ないと思います。しかし何時までも現状のまま足踏みを続けられない事はあなた一番わかっているはず。

そんな時は、悩み考える事を捨て、行動してみる事も非常に大事と言えるでしょう。一歩踏み出したアナタの足は、今の自分を変えるきっかけになってくれるはずです。

アナタの未来を変える転職サイトはコチラ