サービス残業を強制する会社を辞めるべき理由を解説|会社が怖い人の転職・再就職

サービス残業を強制する会社を辞めるべき理由を解説

日本企業の悪しき慣習として、サービス残業と呼ばれる無給の違法残業があります。サービス残業は、従業員が自ら率先している様にも聞こえますが、実情はは無給の強制労働に過ぎず、従業員は心身の苦痛を味わうだけで、残業代は全て会社に搾取されてしまいます。この悪しきサービス残業を強制する会社について、今すぐ辞めるべき理由を解説しています。

サービス残業をさせられる理由を考えてみましょう!

会社が半ば強制的なサービス残業を強要するのには幾つか理由があります。

  • 単純に経営陣が儲けたいだけ!
  • 会社の経営が危ない!
  • 慢性的な人材不足!

いかがでしょうか?上記の中にあなたが思い当たる事はありませんか?上記は、すべて会社側の危機管理能力の無さが招いているサービス残業の正体です。下記では、サービス残業を課す会社を辞めるべき理由を詳しく解説していきましょう。

サービス残業を強いられる理由:単純に経営陣が儲けたいだけ!

小規模20人以下の会社では、この様な理不尽なサービス残業がまかり通ります。経営陣が私腹を肥やす為だけに、あなたの大事な時間とお金を搾取している卑劣な行為と言えるでしょう。小さな会社であれば従業員も気付きますのでうんざりして退職してしまう事でしょう。

従業員は死にもの狂いの状況なのに、社長は高級外車を乗り回して、高級料理を食べているなんて会社はこのケースが多いと言えるでしょう。大きな会社では見えにくい状況ですが、小規模の会社であればスグに理解できるはずです。

サービス残業を強いられる理由:会社の経営が危ない!

会社の経営が危なければ、従業員に残業を出せない会社もあるはずです。しかしそこは沈みかかった泥船です。一緒に沈没するのを待つのは得策ではありません。

今の苦しい期間を乗り切れば、希望の光が見えてくるなら話は変わりますが、ずっとその状況が続くのであれば、スグに辞めてしまう方が賢明と言えるでしょう。何故かと言えば、この状況を考えれば今すぐ辞めるか沈んで辞めるかの選択肢しかないからです。

サービス残業を強いられる理由:慢性的な人材不足!

今いる従業員にサービス残業を課すのには、人材不足が挙げられますが、その状況は会社の経営陣も理解しているはずです。しかし人材を増やさないのは会社の怠慢体質というしかありません。

 

なぜ慢性的な人材不足なのか?

  • 人を雇ってもすぐに辞めてしまう
  • 募集しても人が集まらない
  • 人が育たない

これらは全て会社の怠慢や内情が原因です。上記二つの理由と同じと言えるでしょう。

人材不足は会社に問題があるからに過ぎず、その苦労をあなたが背負う必要はどこにもありません。また会社の体質はなかなか変わる事は期待できません。一生そんな理不尽な理由でサービス残業を課せられるのは得策とは言えないのです。

強制的なサービス残業が横行する会社に未来はない!

一時的・慢性的の判断が必要なサービス残業!

会社には、繁忙期と過渡期があるものです。その為、一時的な残業は仕方がないと言えることも多いのですが、慢性的にサービス残業を強要されるのでは話が変わってきます。言ってみればサービス残業をしないと会社が危機に陥るのです。

 

サービス残業に頼っている会社に未来はない!
会社が従業員のサービス残業に頼っているなんて事はナンセンスの極みです。この一時を乗り切ればどうにかなる見込みがあれば別ですが、あなたが不満に思っている事は、会社内の全員が不満に思っている事なのです。

 

その為、いつ人がいなくなるか、そして辞めた人の仕事があなたに上乗せさせるかなんて事は火を見るよりも明らかな事です。

 

しかし何も対策をしないのは会社経営陣の怠慢に他なりません。そんな会社に骨を埋めるのは得策でないはずです。

 

様々な理由があり転職できない事もあるはずですが、タイミングを計って転職することも大事な事なのです。

【最後に】会社・仕事が怖くなっているアナタヘ

何時まで悩んでいても、答えは出ないと思います。しかし何時までも現状のまま足踏みを続けられない事はあなた一番わかっているはず。

そんな時は、悩み考える事を捨て、行動してみる事も非常に大事と言えるでしょう。一歩踏み出したアナタの足は、今の自分を変えるきっかけになってくれるはずです。

アナタの未来を変える転職サイトはコチラ