パワハラで会社が怖くなった人へアドバイス|会社が怖い人の転職・再就職

パワハラで会社が怖くなった人へアドバイス

現在勤めている会社および、退職した会社でのパワハラ被害により、会社で働く事が怖くなってしまった人へのアドバイスをしています。パワハラは職場内での優位性を利用して精神的・身体的に苦痛を与える忌むべき行為。

 

そんなパワハラ被害により転職を余儀なくされた人は、次の会社でも同じ目に遭うかもと会社怖くなってしまった存在なのです。

パワハラ相談室のある会社を選ぶ

会社によりその呼び方は様々ですが、いわゆる「パワハラ相談室」の設置は一般企業の中で非常に増えており、今後、転職するならそのような部門がある企業への転職が良いかも知れません。

 

いま企業は社内コンプライアンス向上に対し非常に力を入れています。特に近年パワハラで会社が訴えられるなんて事も頻繁に起こり、ブランドのイメージ低下リスクを非常に恐れています。

 

会社はSNSによる内部告発を恐れている!

一昔目と違い、今は誰でも簡単に全世界に向けた情報発信ができる時代になりました。報道メディアもSNSから発信された情報には即座に飛びつきますので、簡単に企業ブランドが地に落ちてしまいます。

 

特にパワハラ被害は大きく取り上げられる

この事により、社内のパワハラに危機感を感じている企業も少なくありません。その為、パワハラ相談室の設置を急ぎ、コンプライアンス向上を目指す会社が増えてきているのです。

パワハラ相談室のある会社の特徴は?

ある程度規模の大きな会社

総従業員数が万を超えるような大企業では、たった一つの問題でブランドが地に落ちるリスクを抱えているといっても過言ではありません。その為、リスク管理の一環として、お泡腹相談室などの設置にも前向きな姿勢を見せていることが挙げられます。

 

若い会社

創業が昭和の会社は古い体質を中々帰る事は出来ません。その為、パワハラ相談室など、新しい問題提議には疎く、時代に後れを取っているのが現状です。逆に創立から時間経ってない若い会社は、現代の流れを理解していると言え、パワハラ問題などのリスク管理にも積極的です。

 

急成長している会社

急成長している会社は、時代の流れを上手く掴んでいる会社といえ、この手の問題にも積極的に取り組んでいると言えるでしょう。

【最後に】会社・仕事が怖くなっているアナタヘ

何時まで悩んでいても、答えは出ないと思います。しかし何時までも現状のまま足踏みを続けられない事はあなた一番わかっているはず。

そんな時は、悩み考える事を捨て、行動してみる事も非常に大事と言えるでしょう。一歩踏み出したアナタの足は、今の自分を変えるきっかけになってくれるはずです。

アナタの未来を変える転職サイトはコチラ