会社の悪夢を見る様になったら末期症状!今すぐ勤めている会社を辞めよう

会社の悪夢を見る様になったら末期症状!今すぐ勤めている会社を辞めよう

 

会社での失敗や叱責されるシーンを夢で見る様になったら、その後の人生を壊される可能性があり、辞める意思を固める方が無難です。日常的に会社の悪夢を見ると言う事は「追いつめられている証拠」です。今現在、精神状態が末期症状かも知れません。ここでは会社に廃人にされ、4年間のリハビリを余儀なくされた私の経験をお話します。

会社の悪夢を見る様なったら末期症状

会社の悪夢を見る様になったら末期症状!今すぐ勤めている会社を辞めよう

 

ここでは、私の経験談を聞いてください。

 

私は、以前勤めていた広告代理店で、酷い目に遭わされ、約4年間廃人の様な生活を送っていました。

 

その会社では、毎日サービス残業の強要。

 

帰りは必ず終電。

 

朝は始発で出勤する事を強要され、心も体もボロボロ状態。

 

会社を辞める前は、睡眠障害にもなっており、中々眠れず、寝れば「会社で叱責される悪夢」に悩まされていました。

 

当然、少ない睡眠時間も熟睡することが出来ず、今が一体何時なのかすら分からない朦朧とした状態が1年ほど続き、ついに病院に救急搬送されました。

 

会社の夢は末期状態の現れ

会社の悪夢を見る様になったら末期症状!今すぐ勤めている会社を辞めよう

 

会社を辞めた後は、心療内科に通い、色々なカウンセリングを受けましたが、先生から「会社の悪夢を見る状態はかなり末期症状ですね」と言われました。

 

夢は精神状態を映す鏡

そもそも夢は、自分の精神状態を映す鏡。

 

つまり、毎日の様に会社の悪夢を見ると言う事は、それだけ精神が追い込まれていた証拠なのです。

 

さらに日中も、現実なのか夢なのか分からない状態が続いていましたので、非常に危険だったと言われました。

 

命の危険もあった

この状態から、夢と現実が分からなくなり、命を絶ってしまう人もいるそうです。

 

未だ会社の悪夢に悩まされる

会社の悪夢を見る様になったら末期症状!今すぐ勤めている会社を辞めよう

 

もう、その会社を辞めて10年は経ちますが、未だ会社の夢は週一のペースで見ています。

 

それも楽しい夢ではなく悪夢。

 

さらに体が疲れている時に訪れるフラッシュバック。

 

それも必ず、嫌な思い出が脳裏に過り、体が硬直して動けなくなる事があります。

 

このフラッシュバックが怖くて、車の運転も出来なくなりました。

 

運転中にフラッシュバックを起こしたら、絶対に事故を起こすからです。

 

この様に、ブラック企業に酷い目に遭わされると、一生消えないトラウマが心に刻まれ、生活がメチャクチャにされます。

 

いま会社や上司に悩まされ、夢にも悩まされている人は、スグ会社を辞める決意を固めてください。

 

多分、私の悪夢やフラッシュバックは一生消えないでしょう。

 

どうか、同じ悩みで苦しんでいる人は、一刻も早く会社を辞めて、命のを守る行動を取って欲しいと切に願っています。

 

余談
今、この記事を書いている時に、頭痛と吐き気に襲われています。多分、当時の事を思い出しているからだと思われますが、一生消えない傷を作る前に、自分を守る行動をとってください。

会社が怖いを克服した先輩からのアドバイス

会社の悪夢を見る様になったら末期症状!今すぐ勤めている会社を辞めよう

最後に「会社・仕事が怖い」を克服した先輩からアドバイス。

今勤めている会社に「怖い」感情を抱いていると言う事は、「会社自体に問題がある」「あなたには合わない会社」である事が考えられます。

その為、無理をして働いていても、最後には転職する事になりますので、心が病んだり、体調を崩す前に決心をすることを先輩としてオススメします。