会社・仕事が怖くなったアナタヘ

<% pageTitle %>

 

当サイトは何らかの理由により、会社・仕事が怖くなってしまい悩んでいるという人に向けや解決方法や転職・再就職のアドバイスをしています。会社は様々なトラブルも多く、働く上で会社や仕事が怖くなったという人も多いと思います。そんな深刻な悩みを抱える人が状況を変えるにはどうすれば良いのか、一緒に考えてきましょう。

会社・仕事が怖いと感じる状況はかなり深刻

<% pageTitle %>

 

「会社・仕事が怖いと」感じる状況は、多分あなたが考えているより遥かに深刻な問題です。日曜の夜になると憂鬱になるなんて会社員なら殆どの人が感じていると思いますが、事態はそれよりも遥かに深刻である事を自覚しましょう。

 

また、以前勤めていた会社で酷い目に遭い、転職活動も出来ない状況になっている人も多いかと思います。そんな人は、まず会社・仕事が怖いという感情を克服し、社会復帰する為の努力をしなくてはいけません。

私の話を少し聞いてください

<% pageTitle %>

 

私は以前、広告代理店に勤めていましたが、上司からのパワハラと仕事量で心と体を病み、約4年自宅療養を迫られた経験があります。今は社会復帰を果たしましたが、今でも当時の事を夢に見たり、突然のフラッシュバックに悩まされる生活をしています。どうか会社・仕事が怖いと感じている人は、取り返しのつかない状況に陥る前に行動に移してください。

なぜ会社・仕事が怖くなったのか?その原因を理解しよう!

<% pageTitle %>

 

会社・仕事が怖くなってしまった人は、ただ漠然と怖くなった訳ではありません。それには何らかの原因があり、もしかすればその原因を取り除く事で希望が見出せるかもしれません。まず会医者・仕事が怖くなった原因をハッキリさせてみましょう。

 

会社内の人間関係

人が生きていく上で人間関係は非常に大事な要素。しかし一度トラブルになってしまうと改善する方法が見つからず、人の間に亀裂が生じます。特に会社内でのトラブルは上下関係の問題もあり、地位が下の人ほどこの問題にぶつかり、結果的に会社に行くことが怖いと感じる人も多い事でしょう。

 

ハラスメント

ハラスメントは社会問題にもなっている忌むべき存在。会社に勤めていれば何らかのハラスメントを受けたと感じた事のある人が殆ど。それほど日本企業内にはハラスメントが蔓延しているのです。さらにそれが原因で会社・仕事が怖くなってしまったという人も多い事でしょう。

パワハラ セクハラ モラハラ

 

労働環境

労働環境も、会社・仕事が怖いという感情を抱いてしまう原因になり得る問題。特にブラック企業に勤めている人の中には、過酷な労働環境で会社仕事が怖くなってしまったという人も多い事でしょう。

業務過多 長時間労働 サービス残業
賃金 不当な扱い 解雇

現在あなたの状況は?

<% pageTitle %>

 

現在、あなたはどういう状況に身を置いているのでしょうか?それにより対応策も変わってきますので、今の自分の状況を見つめ直し今度の行動を考えていきましょう。

 

会社に在籍中

会社に在籍中と言う事は、今現在辛い状況に身を置いているという事ですね。最悪の事態になってしまう前に、自分を守る行動に移る事をオススメします。

 

休職中

身体や心を病んでしまい、会社に行けなくなってしまった人は、目の前から問題が消えたわけではありません。会社に復帰すればまたつらい現実が待っている事もあるでしょう。しかし、とりあえず会社から離れる事が出来ていますので状況打破や自分の今後について考えてみましょう。

 

離職中

現在、離職中で、会社で働く事が怖くなってしまっている人は結構多いはず。しかし自分の未来は自分で切り開くしかありませんので、思い切って社会復帰の道を模索してください。

 

療養中

会社を退職し、心と身体を療養中の方は、まずは全快する事を目標としましょう。闇雲に焦っても療養が長引くだけ。楽しい事を考え、まずは心と身体を癒しましょう。

 

転職活動中

現在、転職活動中の方は、トラブルのあった会社を辞める決意、また退職という行動が出来た人。次の仕事が見つかれば、明るい未来が待っていると言えますので転職活動をがんばりましょう。

今後「自分はどうしたいのか?」の意思を固めましょう

<% pageTitle %>

 

次にあなたが考えるのが、今後「自分がどうしたいか?」です。今の会社で頑張るにしても、転職するにしても、療養が明けて再就職を目指す場合も意思が必要です。その為、あなたの希望をシッカリと定め、次のステップに移行しましょう。

 

さらに自分の意思をもって誰かに相談してみましょう。

 

その場合も、最終的に「自分はどうしたいのか」を問われるはずですので、相談の前に自問自答し自分の意思を固めておきましょう。

自分の周囲にいる人に相談

<% pageTitle %>

 

まず、今の状況を整理し、誰かに相談をしてみましょう。一番いけない事が「自分の中に溜め込む」と言う事。自分で問題を抱え込んでしまうと、視野が狭まり、ネガティブな思考になる可能性がありますので、必ず信用できる人に相談してみるましょう。

 

会社関係者

まず会社が怖いという状況は社内トラブルでもありますので、会社内の信用できる人に相談をしてみましょう。基本的には直属の上司に相談するのが一番ですが、解決できる望みがなかったり、原因が上司だった場合は、別の人に相談をしてみましょう。

上司 同僚 会社の部署

 

身近な人に相談

離職中であったり、会社での相談で埒が明かない場合は自分の身近にいる人に相談をしてみましょう。しかし親身になって相談にのってくれる人がいなかったり、「今の会社が嫌なら辞めればいいじゃん」「さっさと次の仕事を見つければ良いじゃん」など、簡単な言葉を返してくるような人であれば別の人を探してみましょう。

友人・知人 パートナー 自分の親

 

専門相談

行政の相談所、民間の相談センターなどに相談をしてみましょう。

行政 民間

自分の意思が決まったら次の行動に移そう

<% pageTitle %>

 

会社・自分の身近にいる人に相談をして、問題が解決したり、気持ちが楽になった人もいるかもしれません。しかし最終的には「あなたがどうしたいか?」で決定する事を肝に銘じ、問題解決の方法を考えていきましょう。